西田 税(読み)ニシダ ミツギ

20世紀日本人名事典の解説

西田 税
ニシダ ミツギ

大正・昭和期の国家主義者,陸軍少尉



生年
明治34(1901)年10月3日

没年
昭和12(1937)年8月19日

出生地
鳥取県米子市

学歴〔年〕
陸士(第34期)〔大正11年〕卒

経歴
大正11年騎兵少尉。陸士時代から右翼活動に入り、青年アジア同盟をつくり、頭山満、大川周明らに師事した。同年北一輝と出会って心酔、北の「日本改造法案大綱」を聖典視する。14年10月陸軍少尉、同年病気で軍職を退く。昭和2年北の援助のもとに自宅に士林荘を設立。革新軍人の獲得につとめ、同年「天剣党規約」を軍・民急進分子に秘かに配布(天剣党事件)したが憲兵隊が探知、弾圧された。5年宮内省怪文書事件で有罪となり軍籍離脱。6年陸海軍若手革新将校と民間右翼で郷士会をつくり、7年5月15日の5.15事件では決起自重論を唱えたため、血盟団員川崎長光に撃たれて重傷。その後も武装決起には北とともに自重論であったが、11年の2.26事件で検挙され、特別軍法会議では陸軍主流の強引な主張で12年8月に死刑となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

西田 税 (にしだ みつぎ)

生年月日:1901年10月3日
大正時代;昭和時代の国家主義運動家;陸軍軍人
1937年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西田 税の関連情報