西目屋(村)(読み)にしめや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西目屋(村)
にしめや

青森県南西部、中津軽郡の村。北部は岩木山麓(さんろく)、南部は白神山地(しらかみさんち)で、村の中央を岩木川が東流する。村域の大部分は山地、その85%が国有林である。薪炭の供給地であったが、いまはリンゴ栽培が盛ん。岩木川上流の津軽ダムは治水・灌漑(かんがい)・電力供給用で、人造湖の津軽白神湖とさらに上流の暗門(あんもん)の滝までは目屋渓谷とよばれ、赤石(あかいし)渓流暗門の滝県立自然公園域。南部の尾太(おっぷ)岳の山麓には開発の古い尾太鉱山があったが、1978年(昭和53)閉山した。面積246.02平方キロメートル、人口1415(2015)。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西目屋(村)の関連情報