コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西祖谷山[村] にしいややま

世界大百科事典 第2版の解説

にしいややま【西祖谷山[村]】

徳島県西部,三好郡の村。人口2197(1995)。吉野川の支流祖谷川の中・下流域を占め,上流域の東祖谷山村とともに祖谷山祖谷渓(いやだに)と総称される。村域の大部分が山地で,祖谷川沿いに1920年車道が通じるまでは尾根伝いや峠越えで吉野川の低地と結ばれる隔絶山村であった。かつての焼畑によるヒエ,アワ作に代わり木材,茶,ソバ中心の農業が営まれる。西隣の山城町を通る国道32号線と村内の尾井ノ内を結ぶ祖谷渓有料道路が開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西祖谷山[村]の関連キーワード産業用ロボット'89姫路シロトピア博美里[町]横手市西都市の要覧府中市の要覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android