コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西郷[村] さいごう

2件 の用語解説(西郷[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいごう【西郷[村]】

宮崎県北部,東臼杵郡の村。人口3160(1995)。耳川の中流域に位置し,村域の大半は山林である。田代,立石,小原(こばる),山三箇(やまさんが)の4地区からなり,耳川に沿って日向市と椎葉村を結ぶ国道327号線が通る。主産業は農業で,畜産をはじめ,シイタケ,茶,栗,タバコの栽培,植林が盛ん。ダムや発電所が多く県内有数の電源地帯となっている。大斗の滝,観音滝,大内原ダム湖などの景勝地があり,毎年7月には田代神社で御田祭が行われる

にしごう【西郷[村]】

福島県南部,西白河郡の村。人口1万7920(1995)。白河市の西に位置し,南は栃木県那須町に接する。那須火山帯に属する甲子(かつし)山の南東麓にひろがり,東流する阿武隈川が高原を深く開析して渓谷をつくる。第2次大戦中までは馬産地として知られた。上流の高原では酪農,下流の平地では稲作を中心とする農業が行われるが,近年工場の進出がめざましく,純農村から都市近郊農村に変わっている。特に白河市と隣接する地区には,東北自動車道白河インターチェンジ東北新幹線新白河駅が設置され,以前からのパルプに加え,精密機械,電子部品などの工場群が形成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西郷[村]の関連キーワード阿武隈川白川福島三原岐阜志木白河の関棚倉自然郷谷乃越

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone