西郷 寅太郎(読み)サイゴウ トラタロウ

20世紀日本人名事典の解説

西郷 寅太郎
サイゴウ トラタロウ

明治・大正期の侯爵,陸軍歩兵大佐 貴院議員。



生年
慶応2年7月12日(1866年)

没年
大正8(1919)年1月4日

出身地
薩摩国(鹿児島県)

学歴〔年〕
プロイセン陸軍士官学校〔明治24年〕卒,陸軍戸山学校射撃科〔明治31年〕卒

経歴
西郷隆盛の長男に生まれる。軍事研究のためドイツに留学し、プロイセン陸軍士官学校に入学する。明治24年卒業後、ドイツ国陸軍少尉に任官したが、帰国して、28年陸軍中尉となり、日清戦争に従軍、大正5年大佐となる。この間、第一師管軍法会議判士、歩兵第五十五連隊大隊長、歩兵第一連隊大隊長、東京俘虜収容所所長、大正4年習志野俘虜収容所所長を歴任した。また明治35年父・隆盛の偉勲により華族に列し侯爵を授かる。同年から貴族院議員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android