コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要援護者の屋内退避

1件 の用語解説(要援護者の屋内退避の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

要援護者の屋内退避

原発事故時、避難に支援が必要な人を一時的に、放射線の防護措置がとられた屋内に避難させる。原発から急いで遠くへ避難することを優先するあまり、かえって体調を悪化させるのを防ぐ狙いがある。国は、すぐに避難するのが困難な要援護者のため、病院や社会福祉施設などに対して、設備改修のための費用を2012年度に100億円、13年度に200億円確保し、補助している。

(2014-03-08 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

要援護者の屋内退避の関連キーワード原発事故子供・被災者支援法スリー・マイル・アイランド原発事故原発事故の防災対策重点区域朝日新聞・福島大学の原発事故避難住民調査原発事故時の住民への避難指示原発事故子ども・被災者支援法住民の避難計画メイプル支援隊ドイツの脱原発原発事故に伴う畜産農家への国の支援金

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone