コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見るも みるも

大辞林 第三版の解説

みるも【見るも】

( 副 )
見ただけでわかるほど、程度のはなはだしいさま。見た目にも。 「 -無惨な姿」 「 -気の毒なほど…」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見るもの関連キーワード見る・観る・診る・看るリモートビューイングアイ・キャッチャー歌川国久(初代)安土桃山時代美術一富士二鷹三茄子キネトスコープノクトビジョンチェックダイブお富/与三郎場所の論理地上天気図メドゥーサ御前の試みシック反応差し集ふ金属線星ガラス絵小町草紙日焼け田

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見るもの関連情報