コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見做し・看做し(読み)みなし

大辞林 第三版の解説

みなし【見做し・看做し】

みなすこと。見てそれと仮定すること。 「 -配当」
そう思って見ること。気のせい。 「 -にやあらむ、屈し痛げに思へり/源氏 賢木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる