コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見性院(1) けんしょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

見性院(1) けんしょういん

1557-1617 織豊-江戸時代前期の女性。
弘治(こうじ)3年生まれ。山内一豊(かずとよ)の妻。夫の大事のためにと鏡箱から黄金10枚をだして名馬をかいもとめた話で知られる。関ケ原の戦いの直前,徳川家康にしたがって関東に出陣中の夫に的確な情報をおくる。夫の死後出家し,見性院と号した。元和(げんな)3年12月4日死去。61歳。名は千代,まつ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

見性院(1)の関連キーワード弘治

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android