見所・見処(読み)みどころ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 見る価値のあるすぐれたところ。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「『せちする時のまゆみ、くらべむまも更にみどころなしかし』などわらひ給ふ」
② 見て判断するよりどころ。見分ける点。めじるし。
※ささめごと(1463‐64頃)上「親句・疎句の見所をはなれ侍るべしとなり」
③ 見るべき重要なところ。見落としてはいけない要所。要点。
※中華若木詩抄(1520頃)上「此花と楓葉を云たるが、此詩の見処そ」
④ 将来の望み。見込み。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「見所(ミドコロ)があるテ 此の番頭はたのもしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android