コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規範的準拠集団 きはんてきじゅんきょしゅうだん

1件 の用語解説(規範的準拠集団の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

規範的準拠集団

個人が行動の規範を得る準拠集団のこと。現に所属しているかどうかを問わず、個人が所属したいと強く望むような集団であり、行動や考え方に強い影響を与える。規範的準拠集団は、個人が生活のなかで引き受けるさまざまな価値や役割を選択する際の拠り所となる。 一般に、個人は会社や学校等で複数の集団と関わりをもつ。ある集団が個人にとって規範的準拠集団となると、その集団への適応は高まる。その反面、規範的準拠集団とそれ以外の集団との間で規範が大きく食い違うとき、後者の集団への不適応が起こる場合がある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

規範的準拠集団の関連キーワードクレド家族制度グループ・ダイナミックス準拠集団直接行動比較準拠集団規範学名を得る律する医の倫理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone