コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視告朔・告朔 こうさく

大辞林 第三版の解説

こうさく【視告朔・告朔】

〔「視」は通例読まない〕
古代、毎月朔日さくじつ、諸司の進奏する百官の勤怠、上番日数を記した文を天皇が閲覧した儀式。のちには正月・4月・7月・10月の月初めにだけ行われ、次いで廃れた。ついたちもうし。こくさく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

視告朔・告朔の関連キーワード月初め通例勤怠

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android