コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視覚障害者柔道

1件 の用語解説(視覚障害者柔道の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

視覚障害者柔道

1931年、京都府立盲学校で体操科の一つとして採り入れられた。両者が組んだ状態で、審判が「はじめ」と合図する。両者の両手が離れると、審判から「待て」がかかり、中断して畳の中央に戻る。場外が近づくと審判が「場外、場外」と声を出して知らせる。視力によるクラス分けはなく、健常者と同じ体重別で分かれる。階級は男子が60、66、73、81、90、100、100キロ超の七つ。女子は48、52、57、63、70、70キロ超の六つ。

(2014-08-27 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視覚障害者柔道の関連キーワード北大路兵式体操京都府立医科大学京都府立大学漢点字アルティ京都府立体育館今関秀雄萩原正吟体操科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

視覚障害者柔道の関連情報