覗く・覘く・臨く(読み)のぞく

大辞林 第三版の解説

のぞく【覗く・覘く・臨く】

( 動五[四] ) 〔「のぞむ」と同源〕
(他動詞)
すき間や穴などからこっそりと見る。 「鍵穴から中を-・く」
高い所から下を見る。 「谷底を-・く」 「川近き所にて、水を-・き給ひて/源氏 手習
ちょっと立ち寄る。 「古本屋を二、三軒-・く」
こっそり見る。また、ちょっと見る。 「子供の教科書を-・いてみる」 「人の日記を-・く」
望遠鏡・顕微鏡などで見る。 「双眼鏡を-・く」
(自動詞)
一部分がちらりと現れ出る。 「雲間から月が-・く」 「笑うと白い歯が-・く」
物に向かって位置をしめる。のぞむ。 《臨》 「この平張はかはに-・きてしたりければ、づぶりとおちいりぬ/大和 147
[可能] のぞける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android