コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚如上人 かくにょ しょうにん

美術人名辞典の解説

覚如上人

本願寺第三代法主。親鸞の娘覚信尼の子覚恵の長男。名は宗昭、毫摂と号する。如信から真宗の信仰を受ける。浄土真宗の三代(法然・親鸞・如信)伝持を主張し、本願寺を中心とする真宗教団の統一に努力した。観応2年(1351)寂、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

覚如上人の関連キーワード慕帰絵詞藤原隆章

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android