コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚巌寂明

美術人名辞典の解説

覚巌寂明

江戸後期の曹洞宗の僧。京都生。覚巌は字、実明は諱、号は一雨・無用等。9才で実巌に師事、のち近江清涼寺実参の法を嗣ぐ。摂津海福寺内に一庵を結び般若林と名づける。播磨西教寺に住し、のち同国正受庵・大坂妙寿寺・信濃長国寺を歴住、武蔵八王寺の福昌寺開山となる。文墨に優れ、達磨の絵を多く描いた。安政4年(1857)寂、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android