コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚巌

美術人名辞典の解説

覚巌

玉島円通寺住職。名は心梁、号は石窓庵。伊豆の人。美濃徳巌寺で得度し、福井鎮徳寺に移り越前永平寺の監院となる。平田篤胤親交があり、篤胤の著書『印度蔵志』の序文を覚巌が書いている。詩歌を能くし、著書に『傘松道詠略解』がある。安政3年(1856)寂、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

覚巌の関連キーワード覚巌寂明畔上楳仙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android