コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚慶(2) かくけい

1件 の用語解説(覚慶(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚慶(2) かくけい

?-? 鎌倉時代の大工。
文暦(ぶんりゃく)元年(1234)足利義氏が足利氏の氏寺鑁阿寺(ばんなじ)を拡大・整備した際,本堂造営工事を監督する。のち法印をさずけられた。下野(しもつけ)(栃木県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚慶(2)の関連キーワード聚分韻略文暦宇久競興心土屋宗光道耀源定平(1)明窓宗鑑頼恵良賢