コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親子連続殺人・放火事件

1件 の用語解説(親子連続殺人・放火事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

親子連続殺人・放火事件

2001年4月20日午後2時すぎ、徳島市吉野本町4丁目の県営住宅から出火し、焼け跡から住人の松田優さん(当時66)の遺体が見つかった。頭を鈍器で殴られ、首を絞められていた。約10時間後には、50キロ余り離れた兵庫県五色町(現・洲本市)の雑草火災の現場から、同じ手口で殺された長男浩史さん(当時38)の遺体も見つかった。県警は住所不定の無職小池俊一容疑者(49)の車から浩史さんの血の付いた衣服を発見。浩史さんを殺害した容疑で指名手配し、全国の駅などに「おい小池!」のポスターを93万枚張って情報提供を呼びかけている。04年には、遺族らが有力情報に計200万円を出す懸賞金も設けた。刑事訴訟法改正前の公訴時効は16年だった。

(2010-04-28 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親子連続殺人・放火事件の関連キーワード徳島市徳島大学七つ過ぎ引け過ぎネット調査の方法いわき市の老人介護施設の火災長久手町発砲立てこもり事件付属池田小事件第11大栄丸沈没事故大阪教育大付属池田小児童殺傷事件

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone