コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親引き・親引け おやびき

大辞林 第三版の解説

おやびき【親引き・親引け】

〔「親引け」とも〕
入札で、売り主が品物を買い戻すこと。
公社債の発行の際、引き受け銀行が全部を市場に出すことなく一部を自ら保有すること。
株式の公募の際、発行会社と証券会社の間で、あらかじめ特定の者に株式を売り渡すことを取り決めること。一定の率以内に制限されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone