コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親鸞聖人 しんらんしょうにん

美術人名辞典の解説

親鸞聖人

鎌倉前・中期の僧。浄土真宗開祖。京都生。初名は綽空、善信とも称し、愚禿と号す。謚号は見真大師比叡山の堂僧であったが、法然上人に入門し、専修念仏帰依。念仏弾圧で越後に流されたが、のち許され関東に移住した。主著教行信証』をまとめ、絶対他力悪人正機説を徹底、農民・庶民層に多くの信者を得、仏教界に大きな影響を与えた。弘長2年(1262)寂、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

親鸞聖人の関連キーワード新潟県長岡市上岩井伝灯奉告法要京都女子大学あかほんくん松原 至文倉田 百三藤原 猶雪普門(1)佐々木月樵藤原 鉄乗親鸞(僧)本願寺境内鸞恩くん本如上人蓮ちゃん徳力善雪富士川游末灯鈔本願寺専修寺

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親鸞聖人の関連情報