コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親鸞聖人 しんらんしょうにん

1件 の用語解説(親鸞聖人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

親鸞聖人

鎌倉前・中期の僧。浄土真宗の開祖。京都生。初名は綽空、善信とも称し、愚禿と号す。謚号は見真大師比叡山の堂僧であったが、法然上人に入門し、専修念仏に帰依。念仏弾圧で越後に流されたが、のち許され関東に移住した。主著『教行信証』をまとめ、絶対他力・悪人正機説を徹底、農民・庶民層に多くの信者を得、仏教界に大きな影響を与えた。弘長2年(1262)寂、90才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

親鸞聖人の関連情報