コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世銕之丞(7代) かんぜ てつのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世銕之丞(7代) かんぜ-てつのじょう

1898-1988 大正-昭和時代の能楽師シテ方。
明治31年4月11日生まれ。5代観世銕之丞の子。兄の観世華雪(6代観世銕之丞)の養子となり,昭和22年7代銕之丞を襲名。重厚堅実な芸風で知られた。54年隠居し雅雪を名のる。昭和63年8月22日死去。90歳。東京出身。本名は清房(きよふさ)。前名は織雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観世銕之丞(7代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android