コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世銕之丞(9代)(読み)かんぜ てつのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世銕之丞(9代) かんぜ-てつのじょう

1956- 昭和後期-平成時代の能楽師シテ方。
昭和31年10月23日生まれ。8代観世銕之丞の長男。妻は5代井上八千代。観世流。昭和35年初舞台。父および観世寿夫にまなぶ。平成14年9代銕之丞を襲名し,15年襲名披露能で「當麻」を演じた。21年「安宅」のシテおよび近年の優れた演能芸術院賞。東京出身。成城大卒。本名は暁夫(あけお)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android