コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観山 かんざん

美術人名辞典の解説

観山

江戸中・後期の一向宗の僧・茶人。大坂明福寺住職。法諱は元隆、別号に寥々庵(斎)・漸至庵等。茶を藤村正斎に師事する。庸軒流の茶を能くし、師の歿後、庸軒流の系脈を伝えた。天明5年(1785)寂、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観山の関連情報