コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観山 かんざん

美術人名辞典の解説

観山

江戸中・後期の一向宗の僧・茶人。大坂明福寺住職。法諱は元隆、別号に寥々庵(斎)・漸至庵等。茶を藤村正斎に師事する。庸軒流の茶を能くし、師の歿後、庸軒流の系脈を伝えた。天明5年(1785)寂、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

観山の関連キーワード茨城県天心記念五浦美術館花園花貫県立自然公園松島県立自然公園橋本 永邦周布政之助野生司香雪菱田 春草山種美術館横浜美術館小村 雪岱加藤 恒忠入江 美法日本美術院安田靫彦下村清時下村観山今村紫紅多磨霊園橋本永邦松本 長

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観山の関連情報