コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観音寺[市] かんおんじ

百科事典マイペディアの解説

観音寺[市]【かんおんじ】

香川県西端,三豊平野主要部を占め,燧灘(ひうちなだ)に臨む市。1955年市制財田(さいた)川河口の中心市街は琴弾(ことひき)神社や四国八十八ヵ所68番69番札所観音寺を中心に発達,漁家も多く仮屋千軒と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんおんじ【観音寺[市]】

香川県西部,燧(ひうち)灘に面する市。1955年観音寺町と常磐,高室,柞田(くにた)の3村が合体,市制。人口4万5103(1995)。予讃線に沿い,県西部の三豊郡の政治・経済・文化の中心をなす。北は財田川,中央に柞田川が貫流し,沖積低地では米作のほかタマネギ,スイカなどが栽培される。市街は財田川河口南岸の漁港として発達し,江戸時代からかまぼこちくわなど練製品を主体とした水産加工業が盛んで,干しエビや煮干しの特産もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android