コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観音寺[市] かんおんじ

百科事典マイペディアの解説

観音寺[市]【かんおんじ】

香川県西端,三豊平野主要部を占め,燧灘(ひうちなだ)に臨む市。1955年市制財田(さいた)川河口の中心市街は琴弾(ことひき)神社や四国八十八ヵ所68番69番札所観音寺を中心に発達,漁家も多く仮屋千軒と呼ばれた。予讃線が通じ,漁業と煮干,かまぼこなどの水産加工,冷凍食品加工が盛ん。平野では米,レタス,タマネギ多産琴弾公園(名勝),有明浜などの景勝地が多い。2005年10月三豊郡豊浜町,大野原町を編入。117.84km2。6万2690人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんおんじ【観音寺[市]】

香川県西部,燧(ひうち)灘に面する市。1955年観音寺町と常磐,高室,柞田(くにた)の3村が合体,市制。人口4万5103(1995)。予讃線に沿い,県西部の三豊郡の政治・経済・文化の中心をなす。北は財田川,中央に柞田川が貫流し,沖積低地では米作のほかタマネギ,スイカなどが栽培される。市街は財田川河口南岸の漁港として発達し,江戸時代からかまぼこ,ちくわなど練製品を主体とした水産加工業が盛んで,干しエビや煮干しの特産もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android