コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角セン岩(角閃岩) かくせんがんamphibolite

1件 の用語解説(角セン岩(角閃岩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かくせんがん【角セン岩(角閃岩) amphibolite】

角セン石と斜長石から構成される結晶質の岩石。一般的には,Caの多い斜長石と普通角セン石を主成分鉱物とし石英をほとんど含まない火成岩に由来する高度変成岩をいう。広域変成帯に広く出現する。片麻状組織を示す場合が多い。接触変成帯には元来の火山岩や火成岩の組織を残したままの角セン岩も多い。角セン岩は多くは角セン岩相と緑レン石‐角セン岩相の変成相に属する変成岩であるが,ランセン片岩相,グラニュライト相エクロジャイト相などの相当広い物理的条件でも生成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone