コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角セン岩(角閃岩) かくせんがん amphibolite

1件 の用語解説(角セン岩(角閃岩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かくせんがん【角セン岩(角閃岩) amphibolite】

角セン石と斜長石から構成される結晶質の岩石。一般的には,Caの多い斜長石と普通角セン石を主成分鉱物とし石英をほとんど含まない火成岩に由来する高度変成岩をいう。広域変成帯に広く出現する。片麻状組織を示す場合が多い。接触変成帯には元来の火山岩や火成岩の組織を残したままの角セン岩も多い。角セン岩は多くは角セン岩相と緑レン石‐角セン岩相の変成相に属する変成岩であるが,ランセン片岩相,グラニュライト相エクロジャイト相などの相当広い物理的条件でも生成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

角セン岩(角閃岩)の関連キーワード陽起石テュフアイトグラネイド斜長花崗岩正長石斑糲岩蜜岩ライドル岩ボージ岩カンバーランド岩紫蘇輝岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone