コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角セン岩(角閃岩)(読み)かくせんがん(英語表記)amphibolite

世界大百科事典 第2版の解説

かくせんがん【角セン岩(角閃岩) amphibolite】

角セン石と斜長石から構成される結晶質の岩石。一般的には,Caの多い斜長石と普通角セン石を主成分鉱物とし石英をほとんど含まない火成岩に由来する高度変成岩をいう。広域変成帯に広く出現する。片麻状組織を示す場合が多い。接触変成帯には元来の火山岩や火成岩の組織を残したままの角セン岩も多い。角セン岩は多くは角セン岩相と緑レン石‐角セン岩相の変成相に属する変成岩であるが,ランセン片岩相,グラニュライト相,エクロジャイト相などの相当広い物理的条件でも生成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android