コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角セン石(角閃石) かくせんせきamphibole

翻訳|amphibole

世界大百科事典 第2版の解説

かくせんせき【角セン石(角閃石) amphibole】

CaやMg,FeおよびAlやNa,Kなどをさまざまな割合で含む一群の含水ケイ酸塩鉱物の総称。角セン石に属する鉱物群を角セン石族と呼ぶ。角セン石は輝石とともに化学組成の変化する範囲が最も広い鉱物の一つである。一般に角セン石族の化学組成はW0~1X2Y5Z8O22(OH)2と表される。WにはNaとKが,XにはNa,CaやMg,Fe2+,Mn2+などの金属イオンが,YにはMg,Fe2+,Fe3+,Al,Tiなどのイオンが,ZにはSi,Al,Tiイオンが入る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の角セン石(角閃石)の言及

【角セン岩(角閃岩)】より

…角セン石と斜長石から構成される結晶質の岩石。一般的には,Caの多い斜長石と普通角セン石を主成分鉱物とし石英をほとんど含まない火成岩に由来する高度変成岩をいう。…

※「角セン石(角閃石)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報