角川書店[株](読み)かどかわしょてん

百科事典マイペディアの解説

角川書店[株]【かどかわしょてん】

1945年に国文学者の角川源義が興した出版社。1949年に角川文庫を創刊,以後国文学に強い文芸出版社として発展する。1975年社長に就任した角川春樹が書籍と映画やテレビなどを連動させて販売促進を図るメディア・ミックス戦略に注力し,1976年には映画第1作〈犬神家の一族〉を公開。以後,映画事業では〈人間の証明〉(1977年)や〈セーラー服と機関銃〉(1981年)などのヒット作を送り出す。テレビ情報誌〈ザテレビジョン〉(1982年創刊)やタウン情報誌〈東京ウォーカー〉(1990年創刊)なども手がける。1993年角川春樹の社長解任により,実弟の角川歴彦が社長に就任。2003年に持株会社角川ホールディングスを設立,2006年7月角川グループホールディングスに社名変更。現在は出版と映像,デジタルコンテンツの3事業に注力し,傘下に角川書店や角川映画などを抱えている。本社東京。2011年資本金263億円,2011年3月期売上高1400億円。売上構成(%)は,書籍42,雑誌・広告27,映像19,ネット・デジタル7,海外5。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android