コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角運動量の保存

1件 の用語解説(角運動量の保存の意味・用語解説を検索)

素粒子事典の解説

角運動量の保存

 複数の素粒子からなるシステム角運動量は、個々の素粒子の固有角運動量スピン)と素粒子間の軌道角運動量ベクトル和である。しかし、量子力学では、角運動量の値は、1/2(プランク定数を 2πで割ったものを単位として)の倍数しか許されないとか、2方向の成分が同時に確定できないとかの制限があり、その計算には量子力学的な算術を必要とする。角運動量保存則は、空間の回転対称性と結びついている。つまり空間は勝手にとった1点から見たどの方向も同じ性質を持つ(等方性)という一見当然な仮定からこの保存則は導かれる。従ってこの仮定が成り立つ限り厳密に守られる保存則であり,崩壊を含めて起こりうる素粒子の反応に制限を与えている。

出典|素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角運動量の保存の関連キーワードサブシステム角運動量スピン量子数分散処理システムスピン磁気量子数テレターミナルシステム角運動量加成則クレプシュ‐ゴルダン係数オープン・システムマルチボールシステム

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone