コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解放同盟を巡る不祥事

1件 の用語解説(解放同盟を巡る不祥事の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

解放同盟を巡る不祥事

解放同盟大阪府連飛鳥支部(大阪市)の元支部長は、理事長を務めた財団法人が売上金約1億3千万円を着服したなどとして懲役6年の判決を受け、控訴中の11月に死去。同府連安中支部(八尾市)の元相談役は建設業者から計180万円を脅し取るなどして10月、懲役4年6カ月の判決を受けた。奈良県連の地元支部長だった元奈良市職員は病気休暇、休職を6年近く繰り返し、市の新入札制度導入では市幹部に圧力をかけて有罪判決が確定した。京都市では覚せい剤使用容疑などで逮捕された市職員の中に京都府連の支部が推薦し、採用された職員がいた。

(2007-12-13 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解放同盟を巡る不祥事の関連キーワード大阪市立大学「飛鳥会」理事長業務上横領・詐欺東大阪セクション別交渉栗須喜一郎田辺納椿繁夫松田喜一横田甚太郎大阪場所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone