コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解析エンジン かいせきえんじん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

解析エンジン

1834年、Charles Babbage氏が設計した機械式の計算機のこと。パンチカードによってプログラムを入力でき、ストア部と呼ばれるデータの記憶装置やミル部と呼ばれる演算装置印刷装置など、すでに現代のコンピューターと同様の機構を備えていた。しかし、資金難などの理由により、完成には至らなかった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

解析エンジンの関連キーワードルーカスイームズチャールズファイザーアメリカ美術電話ミュラー(ドイツの生理・解剖学者 Johannes Petrus Müller)ディケンズ論メーヨー家チャールズ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解析エンジンの関連情報