コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言い白ける・言白ける いいしらける

大辞林 第三版の解説

いいしらける【言い白ける・言白ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 いひしら・く
〔「いいじらける」とも〕
言ったことでその場の興趣がなくなる。 「言へば言ふほど-・け/浄瑠璃・大職冠」
折をみて話をやめる。 「笑ひをしほに-・け/浄瑠璃・反魂香」
言い争って、分が悪くなる。 「傲慢第一の守屋の臣おみ-・けてぞ見えにける/浄瑠璃・聖徳太子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

言い白ける・言白けるの関連キーワード聖徳太子浄瑠璃

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android