コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言ひ白け いいしらけ

大辞林 第三版の解説

いいしらけ【言ひ白け】

〔「いいじらけ」とも〕
その発言でその場の興趣が失われること。 「 -して、無理のみに酔て倒れし転寝うたたねの/人情本・梅児誉美 3
いやになって話を途中でやめること。 「是を-に立帰るに/浮世草子・男色大鑑 8
言い争って負けること。 「云ひかかつては-に済まさぬ女/浄瑠璃・大塔宮曦鎧」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

言ひ白けの関連キーワード大塔宮曦鎧浮世草子

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android