コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

討っ手 ウッテ

デジタル大辞泉の解説

うっ‐て【討っ手】

《「うちて」の音変化》賊軍罪人などを討伐または逮捕する人。「討っ手をさし向ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うって【討っ手】

〔「討ち手」の転〕
敵軍を討伐する軍勢や、罪人を捕らえたり殺したりするための人。 「 -をさしむける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

討っ手の関連キーワード清宗・佐々連姫ひらかな盛衰記大江山(能)新薄雪物語本朝廿四孝飯沼助宗名越高家平頼綱源希義軍勢公暁敵軍打手武悪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android