コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

託する・托する たくする

大辞林 第三版の解説

たくする【託する・托する】

( 動サ変 ) [文] サ変 たく・す
物事の処置・運用を人に頼んでまかせる。 「後事を親友に-・する」
用件・品物などを人にことづける。 「本を友人に-・する」
かこつける。ことよせる。 「戯言に-・して人の意こころを測つてみたり/浮雲 四迷
神仏がこの世に現れるとき、人などの身体を借りて宿る。 「何なる神の-・せさせ給ひたるぞ/太平記 25

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

託する・托するの関連キーワード太平記四迷

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android