コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

託阿上人

美術人名辞典の解説

託阿上人

鎌倉後期・南北朝時代時宗の僧。時宗遊行七世。京都七条道場金光寺住持。上総矢野生。号ははじめ宿阿弥陀仏、のち他阿弥陀仏。別号託何・詫阿・廿日上人と称す。相模無量光寺の中聖智得に学び、遊行上人を相続する。遊行の傍ら教学の研究につとめ、『器朴論』三巻や『条々行儀法則』などを著し時宗教義を体系化した。また、連歌・和歌も能くした。文和3年(1354)寂、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android