訛は国の手形(読み)なまりはくにのてがた

ことわざを知る辞典「訛は国の手形」の解説

訛は国の手形

ことばのなまりは、通行手形のようなもので、生まれ育ったがどこであるかを示す。話をすれば、お国なまりで生国の見当がつく。

[使用例] のみ込めましたよ。「訛りは国の手形」。そういうシツケをして、それぞれの生国をわからなくしてしまうわけですね[井上ひさし*国語元年|1985]

[解説] 通行手形は明治初期に廃止され、方言も近代化のなかで衰退を余儀なくされました。しかし、お国なまりは今なお根強く残っていて、このことわざもにふれ共感をもって引かれます。

[類句] 言葉は国の手形

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「訛は国の手形」の解説

なまり【訛】 は 国(くに)の手形(てがた)

言葉のなまりで、その人の出身地がわかるということ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android