コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設い・室礼・鋪設・補理 しつらい

大辞林 第三版の解説

しつらい【設い・室礼・鋪設・補理】

構え作ること。ととのえ準備すること。しつらえ。
(「室礼」「鋪設」「補理」とも書く)平安時代、娘の女御としての入内じゆだい・婿取り、客を招いての宴、移転など晴れの祝いの日に、寝殿の母屋・庇ひさしに調度を立て室内を飾ったこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

設い・室礼・鋪設・補理の関連キーワード平安時代婿取り調度母屋女御寝殿室礼

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android