コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許す・赦す・聴す ゆるす

大辞林 第三版の解説

ゆるす【許す・赦す・聴す】

( 動五[四] )
〔「緩ゆるし」 「緩ふ」と同源〕
罪や過失を、とがめだてしないことにする。また、服役中の人を放免する。 《許・赦》 「今度だけは-・してやる」 「子供をだますなんて絶対に-・せない」
願い・申し出などをききいれて、願いどおりにさせる。認める。許可する。 《許・聴》 「大学へ行きたかったのだが、父が-・さなかった」 「医者から一時帰宅を-・された」
ある行為を、さしつかえないと認める。 《許》 「屋敷への出入りを-・される」
義務や負担を免除する。 《許・赦》 「税を-・す」
相手のはたらきかけに対し、思いどおりにさせる。 《許》 「敵の侵入を-・す」 「肌を-・す」
他に対する警戒心をゆるめる。 《許》 「気を-・す」 「心を-・す」
その人をとりまく状況が、ある事を可能にする。 《許》 「時間が-・すならもう少し述べたいことがある」 「予算が-・せばもっと広い家を買いたかった」 「延期は状況が-・さない」
すぐれた存在であると認める。 《許》 「第一人者として自他ともに-・す」
ある水準に達したと認める。 《許・赦》 「免許皆伝を-・す」
強く締めたり、引いたりしたものをゆるめる。 「猫の綱-・しつれば/源氏 若菜上
手放す。自由にする。 「夕狩に千鳥踏み立て追ふごとに-・すことなく/万葉集 4011
[可能] ゆるせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android