訳語・通事(読み)おさ

  • おさ をさ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 外国語を通訳すること。また、その人。通訳。通事(つうじ)
※書紀(720)推古一五年七月(岩崎本訓)「大礼小野臣妹子を大唐(もろこし)に遣はす。鞍作福利を以て通事(ヲサ)と為」
[語誌]遣隋使、遣唐使派遣時代の通訳は「をさ」と呼んで、「訳語」「通事」と表記したが、室町時代に新たに遣明使が遣わされるようになると、「通事」を音読した「つうじ」の呼称が用いられるようになった。中世の節用集類にも、「ツウジ」は見られるが、「をさ」は見えない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android