コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

診療報酬改定に伴う入院基本料の変更

1件 の用語解説(診療報酬改定に伴う入院基本料の変更の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

診療報酬改定に伴う入院基本料の変更

06年4月の診療報酬改定で、看護師1人が受け持つ入院患者数で決まる入院基本料が変更された。従来は患者「15人」「13人」「10人」の3区分だったが、新たに「7人」を新設した。急性期の入院患者を短期間で集中的に治療することで、入院日数を短縮し、医療費を抑制するのが目的。新設の基準を満たした病院の入院基本料は、これまで最高額だった「10人」の1万2090円に対し、1万5550円と大幅にアップした。

(2006-12-25 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

診療報酬改定に伴う入院基本料の変更の関連キーワード診療報酬診断群分類別包括評価在宅療養支援診療所診療報酬改定コンタクトレンズの診療報酬7対1看護7対1の看護体制認定看護師と専門看護師医療政策コンタクトレンズ(CL)の診療報酬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone