註解学派(読み)ちゅうかいがくは(英語表記)Kommentatoren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

註解学派
ちゅうかいがくは
Kommentatoren

11世紀末~13世紀中葉に北イタリアのボローニャで活躍した法学の一派。註釈学派の亜流にすぎないとの立場から後期註釈学派と呼ばれることがある (サビニー) が,この学派の業績が註釈学派に比肩するものであったので,今日ではその実際的活動の特色にちなんで註解学派,助言学派 (鑑定学派) と呼ばれる。彼らは註釈学派の注釈を重ねて注釈するともいわれたが,後者が当時ヨーロッパで通用していない『ローマ法大全』の理論的研究に終始したのに対し,註解学派はその理論的方法を当時の実際的法源に適用し,顧問的,実務的な鑑定活動を通じて法現実を法学的に把握することによって,『ローマ法大全』を中世後期の全ヨーロッパの普通法たらしめ,かつ非ローマ的な地域特別法を学問化していった。バルトルスがその第一人者であったことから,バルトルス学派とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android