コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証空(1) しょうくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

証空(1) しょうくう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の智興(ちこう)に師事し,のち常住院をひらく。天元(978-983)のはじめ智興がにたおれたとき,安倍晴明秘法により師の身代わりとなって病にかかる。夢うつつのなかで日ごろ信仰する不動明王があらわれ,「私が汝(なんじ)のかわりになろう」とつげると,証空の病はすぐになおったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

証空(1)の関連キーワード天台宗

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android