コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証空(1) しょうくう

1件 の用語解説(証空(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

証空(1) しょうくう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の智興(ちこう)に師事し,のち常住院をひらく。天元(978-983)のはじめ智興が病にたおれたとき,安倍晴明の秘法により師の身代わりとなって病にかかる。夢うつつのなかで日ごろ信仰する不動明王があらわれ,「私が汝(なんじ)のかわりになろう」とつげると,証空の病はすぐになおったという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone