評伝 石牟礼道子/渚に立つひと

デジタル大辞泉プラスの解説

評伝 石牟礼道子/渚に立つひと

米本浩二による作家・石牟礼道子評伝水俣病の現実を描いた「苦界浄土」シリーズで知られる石牟礼の生涯を描く。2017年刊行。第69回読売文学賞(評論・伝記賞)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android