コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評価替え(固定資産税)

1件 の用語解説(評価替え(固定資産税)の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

評価替え(固定資産税)

土地または家屋の課税標準(固定資産台帳登録価格)は、賦課期日(1月1日)現在の台帳登録価格を基準年度(平成9年の次は平成12年)ごとに、評価替えす ることになっている。方法としては、固定資産評価基準に従って各市町村長が実地調査を行い毎年2月末日までに登録替えすることになっている。第2年度また は第3年度において、基準年度の土地または家屋について、地目変更、家屋の改築、損壊または市町村の廃置分合等の事情が生じたときは、類似物件の基準年度 価格に比準した価格で評価し、所有者にも通知する。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

評価替え(固定資産税)の関連キーワード課税標準課税物件固定資産税従価税固定資産税評価額家屋税課税価格地租家屋台帳売却資産の固定資産税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone