評定始め(読み)ひょうじょうはじめ

大辞林 第三版の解説

ひょうじょうはじめ【評定始め】

鎌倉・室町幕府で、正月、または将軍が新たにたったとき、はじめて政務を評定する儀式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android