詠事・詠言(読み)ながめごと

精選版 日本国語大辞典の解説

ながめ‐ごと【詠事・詠言】

〘名〙
① 長く声を引いてことばや歌を詠じること。また、そのことばや歌。
※播磨風土記(715頃)美嚢「伊等尾(いとみ)が新室の宴に因りて、二たりのみ子等に燭(ひとも)さ令め、仍りて、詠辞(ながめごと)を挙げ令めき」
② 歌を作ること。詠歌。また、その催し。
※俊成卿女集(1233頃か)「十五夜の御歌の中に、故殿へながめごとおはしますと聞えしに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android