詰ない(読み)つまらない

精選版 日本国語大辞典「詰ない」の解説

つまら【詰】=ない[=ぬ・ん]

① おさまりがつかない。落着しない。また、やりくりがつかない。金に困る。
※浮世草子・御前義経記(1700)二「ありかの知れぬお咄にて少しつまらぬ所あり」
※続鳩翁道話(1836)二「財布の中には、まだ一文の銭もたまらず、これはつまらぬ」
② 苦労のむくいがない。張り合いがない。ひきあわない。うまらない。
※洒落本・廻覧奇談深淵情(1803)其次「しょせんここでどうのこうのといった所がつまらねへ」
③ 不都合である。困る。窮する。
※歌舞伎・加州桜谷血達磨(1712)二「『身請けの金は親方へ渡して置いた。国へ連れて行くぞ』杉迷惑し『それではつまらぬ』」
④ 物事に心がひきつけられない。意に満たない。興味がわかない。おもしろくない。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「つまらぬ前座の落語をさへ、頤(あご)をはづして、聞く方ゆゑ」
⑤ 対象としてとりあげるねうちがない。とるに足りない。価値がない。些細である。
※歌舞伎・和国風流兄弟鑑(1694)一「是々大藤内、扨も扨もつまらぬ人ぢゃ、人の相を頼んで置いたに」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「美しい女房を持ながらつまらねへ女を摘むやつもあり」
⑥ 道理に合わない。なっとくできない。ばかげている。
※仮名草子・ぬれぼとけ(1671)上「金銀・家をうしないて、身をほろぶるとのたまへども、いよいよ道理つまらぬなり」
⑦ 不必要である。無用だ。くだらない。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五五「汝口が苛(えら)いから人中へ入って詰らねえ口利いては旦那様の顔に障るから」

つまら‐・ない【詰ない】

連語〙 (動詞「つまる(詰)」の未然形助動詞「ない」が付いたもの) ⇒つまら(詰)ない

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android