コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰まり・詰り つまり

大辞林 第三版の解説

つまり【詰まり・詰り】

[3] ( 名 )
物がつまっていること。 「豆の実の-具合」
物事の行きつくところ。果て。終わり。 「身の-」 「とどの-」
行きどまり。すみ。 「斯ここの-彼かしこの難所に走散て/太平記 7
行きづまること。困窮。 「諸傍輩の-迷惑をかへりみず/仮名草子・可笑記」
[1] ( 副 )
最終的にある結論に達するさま。結局。 「こんなに売れるのも、-品質がよいからだ」
同じ内容に言い換えるさま。すなわち。 「それが-うぬぼれだ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android