コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰め・詰(読み)つめ

大辞林 第三版の解説

つめ【詰め・詰】

詰めること。
物のすき間などに詰めるもの。 「箱の-」
端。きわ。 「橋の-の番小屋」
お詰め
将棋で、勝負のつきそうな最後の局面。転じて、物事の最終段階。 「 -で手が狂う」
〔「煮詰め」の略〕 穴子あなごの煮汁などを煮詰めたたれのこと。鮨屋すしやなどでは穴子や蝦蛄しやこの表面に塗る。
〔振袖に対する脇詰めの意〕 年増の女。 「枕のお伽が御用ならば振袖なりと-なりと/浄瑠璃・丹波与作
[句項目] 詰めが甘い

づめ【詰め・詰】

名詞の下に付く。
箱や容器の中に入れること、その中に入っていること、そのように、いっぱいに入れてあることなどの意を表す。 「箱-にする」 「びん-のジャム」
もっぱらそれをもって判断する意を表す。 「理-に考える」
そこを仕事場としていることを表す。 「警視庁-の記者」
それに近い場所であることを表す。 「橋-」 「西-」
動詞の連用形の下に付いて、その動作・状態を続けることを表す。 「歩き-」 「終点まで立ち-だった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android